<$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> <$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> <$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> 「誰か紹介して」と言って紹介された男性がイマイチな時の断り方

「誰か紹介して」と言って紹介された男性がイマイチな時の断り方

MENU

「誰か紹介して」と言って紹介された男性がイマイチな時の断り方

彼氏が欲しいと思ったら、友人に「誰かいい人いたら紹介して!」と頼むのも良い方法です。
しかし実際に本当に友人が紹介してくれた男性がイマイチだったらどうしますか?
第一印象だけで決めてはいけないと分かっていても、付き合うことには抵抗があります。
友人の気を悪くしないように断る方法はあるのでしょうか。

1. 恋愛対象ではないことを告げる


「彼氏というより、すごくいい友達になれそう」と言うと恋愛対象ではないということが伝わります。
紹介してくれた友人に恋人がいるのなら、恋愛は相性次第であることを理解してくれるでしょう。
これなら今後も「男友達」として付き合うことができますので、ベストな断り方と言えますね。
「すごく明るい人だよね」と友人として褒めることを忘れないようにしましょう。

2. 前の恋愛を引きずっていると言う


「早く新しい恋を見つけなきゃと思ったんだけど、いざとなるとどうしても前の彼氏とのことが思い出されてきて、まだ今は恋愛モードでないことに気がついてしまった」とはっきりと伝えましょう。
自己矛盾で自分でも悩み抜いた結果の応え、というところが大切です。
これなら紹介された方の男性も「とりあえず無理と言うことか」と諦めてくれるでしょう。

3. 仕事が充実しているフリをする


「丁度仕事が変わって、すごく大変だけどやり甲斐があるし集中したいの。ちょっと今恋を始めるのは相手にも失礼だと思う」と言うと正当性があります。
社会人ならば仕事に夢中になると恋愛と両立させるのが難しくなることは理解してもらえるでしょう。
理由が弱いと思ったら、通信講座などを始めるのもやる気を見せることになり、大義名分になるでしょう。

終わりに


今後も友人や紹介された男性と顔を合わせる機会があるのなら、良い友人関係になっておいて損はありません。
先のことは分かりませんし、気まずい断り方はしない方が良いでしょう。